脱・初心者!個人向けに電話営業(テレアポ)の大切な3つの心構え!

テレアポのコツ

「個人向けのテレアポをやったことがない」

「やったことはあるけれどうまくいかないので、注意するところを知りたい」

 

という方も多いと思います。

私自身も初めてテレアポをした時には、何もわからず不安だらけだったことを覚えています。

この記事では「ここを抑えれば大丈夫!」というポイントを解説します。

消耗するテレアポを卒業し、効率的なテレアポを目指していきましょう!

 

個人向け電話営業(テレアポ)の大切な心構え

個人向けテレアポの大切な心構えは、次の3つになります。

 

1:電話営業(テレアポ)の目的を知る

2:事前準備をする

3:断られても悩みすぎない

 

初めてテレアポをする方ですと、

 

「あまり人に話すのは得意じゃない」

「人に説明するのは苦手」

 

といった理由から、テレアポを難しく考えてしまっている方も多いと思います。

私もテレアポを始めたときはうまくいかないことも多かったですが、この3点を意識することでアポイント取得数を多く伸ばせました

ひとつひとつはとても簡単なポイントですが、これを意識するだけで結果は大きく変わります。

 

1・電話営業(テレアポ)の目的を知る

「なぜ注意点の話なのに、目的の話が出てくるの?」

 

と思う方もいるかと思いますが、注意点を考えるときにも目的は非常に大切です。

なぜなら目的が明確でないとやるべきことが決まらないからです。

 

ではテレアポの目的とは何でしょうか?

それは次回のアポイントを取ることです。

当たり前すぎてそんなことは理解していると思われるかもしれません。ですが本当に大切なことです。

これは言い換えるとアポイントを取れさえすれば、「その電話で詳しい内容まで知ってもらう必要はない」、とも言えます。

 

テレアポに慣れてない方ほど、情報をすべて伝えようと考えてしまいがちです。

しかし電話口で長々と話されても、すべての内容は覚えられませんし、なにより聞くのが面倒になってお断りされることが多くなります。

 

そこで、テレアポでは

 

わかりやすく、お客様に興味を持ってもらえる話に絞って話をする

 

ことが必要です。

お客様に電話をする上で、

 

・必要な情報

・そうでない情報

 

を整理して、「必要な情報のみ」を話すように心がけましょう。

 

2・事前準備をする。

心構えは、事前準備が大切。準備がよければ、心に余裕が持てます。

テレアポでは事前にトーク例(スクリプト)を作るようにしましょう。

テレアポは1件の電話は数分で終え、何十件という件数をこなします。

それゆえにお客様ひとりひとりの個別事情を考えて電話するというよりも、まずは電話の件数を増やす意識することが大切です。

 

・興味を持ってもらえそうなポイント

・お客様に伝えたい商品の売り

 

など、これは話したいというポイントを絞ってトーク例を作りましょう。

トーク例を作ると、自分の頭の中でも「紹介したい商品」についての情報がまとまります。

商品について質問されたときでも、適切に回答できるようになりますよ。

 

その上、そのトーク例を上司、テレアポの得意な先輩にも見てもらえます。

修正点を指摘してもらうことで、成功率をより向上させることが可能です。

 

・お客様が疑問に思いそうなこと

・不安に思いそうなこと

 

については、切り返しのトーク例も作っておくと、安心して電話をかけられます。

 

3・断られても悩みすぎない。

個人向けテレアポの心構えとして、とても大切なのがこちらです。

どんなにテレアポの上手なアポインターでも、すべての電話がうまくいくわけではありません

テレアポしてアポが取れないと、

 

「何か自分に悪いところがあったのか?」

「自分はテレアポに向いていないんじゃないか?」

 

と、初心者の方ほどマイナス要素を考えてしまい、手が止まってしまいがちです。

しかしどんなにテレアポがうまくても、断られるときは断られます

実際にテレアポの成績が1位だった人でも、電話をした内の1割程度しかアポイントを取れていない・・・ということは、よくある話です。

 

どんな話をしても全く興味のない人や、時間がない人にアポイントを取ることはできません。

そんな相手のために悩むのは、もはや時間の無駄

ダメだった時にはきっぱりとあきらめて、次の電話をしましょう

 

テレアポで多くのアポイントを取っている人は、必ず電話の件数も多いものです。

反省や落ち込むのは後にして、まずは電話をかけることに集中しましょう。

 

まとめ:個人向けテレアポ3つの心構えを意識して!

個人向けテレアポでは、テクニックも大切です。

しかしそれ以前のベースとなる「心構え」は、より大切な要素になります。

 

【個人向けテレアポでの大切な心構え】

1:電話営業(テレアポ)の目的を知る

→アポイントを取ることが目的で、詳細は不要!

 

2:事前準備をする

→あらかじめトーク例を作成する!

 

3:断られても悩みすぎない

→悩みすぎずどんどん電話をする!

 

の3つのポイントが大切です。

それぞれは、とても簡単なこと。しかしこれを意識すると、結果は大きく変わります。

テレアポは一度コツを掴んでうまくいくようになると、とても楽しくやりがいのあるものになりますよ。

ぜひご紹介したポイントを意識して、テレアポに取り組んでみてください!

ここからハジマル
営業のアウトソーシング。

御社の状況を詳しくヒアリングさせて頂いた上で、最適な業者をご紹介。
ただ電話をかけるだけでなく、御社の事業を理解した架電を。
新規事業の成功まで伴走させて頂きます。

> 無料一括見積り 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧